確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

2プレーンスイング

■ダウンスイング 1

寒いこの時期こそ基礎固めとスイング固め。自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD 「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。





吉川です。

バックスイングの最後のトップオブスイングからダウンスイングに移りますが、ここで以前に「ゴルフスイングという動き」の中で説明したことを思い出してください。

・グリップはフィンガーで引っ掛ける意識。手のひらで握らない。
・クラブは振るのではなく引っ張る。

この2点はダウンスイングの始動で最も大切なポイントです。

まず、フィンガーで引っ掛けてクラブをシャフト方向に"引き下ろす"感覚でダウンスイングをスタートします。シャフト方向に引き下ろすのはとても大切な動作です。クラブを体の正面で水平に持ち軽くワッグルしてみて下さい。結構重く感じます。今度はクラブを体の正面で横に水平に(シャフトをターゲット方向に向けて)構え、シャフト方向に動かしてみて下さい。クラブの重さはほとんど感じません。クラブをワッグルすると慣性モーメントは大きく、シャフト方向に動かすと慣性モーメントは小さくなるからです。ダウンスイングはバックスイングが終わってヘッドスピードがほとんどゼロの状態から始まるので、できるだけ静かにスタートすることが要求されます。もしクラブを"振って"急にスイングスピードを上げるとその動作の反動で体のいろいろな部分に負荷がかかり、歪が生じてスイングに狂いが出る原因となります。慣性モーメントが最も小さい方向にクラブを"引っ張る"ことでダウンスイングは静かに、軽くスタートできるのです。


7c56c957.jpg



 もう一度ダウンスイングでのクラブの動きとグリップの状態を見てください。プロは決してクラブを振っていません。"振る"というのは釣竿で重りを"投げる"ような動作のことを言います。上の2つの図を見てダウンスイングの始まりでクラブが引っ張られるイメージを描いてください。そしてクラブは指に引っかかっているだけです。決してグリップを強く握って腕や手首の力でヘッドを振り出そうとはしていないことを理解してください。この動きが理解できてイメージ通りにダウンスイングがスタートできると、今までとは全く違うスイング感覚になります。"クラブが勝手にボールを打ちに行く"ような感覚です。

■バックスイング 2

強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論「成功するゴルフシリーズ」。 2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。 吉川恭司プロ森本淳一プロです。





吉川です。


 今回は素振りをするときとボールを打つ時のスイングの違いについて考えてみます。ボールを打つ前の素振りと実際にボールを打つ時の素振りの違いは何が原因なのでしょうか。その原因は大脳の存在にあると前回書きました。そうだとすればこの症状は誰にでも起こることで避けがたいことになります。

実はその通りで、大脳の中でも前頭葉と呼ばれる部位が原因なのです。前頭葉の最も特徴的な働きは、意欲、創造、実行で大脳全体から得た情報を元に現状を認識し、未来に向けて行動をする司令塔の役割を果たしているのです。つまり自分の行動を「仕切っている」のです。ただ前頭葉が処理する情報量は膨大な量になるため、その指令のスピードはそれほど速くありません。早い動きは苦手であるともいえますね。


 さて、目の前にボールがありそのボールをできるだけ遠くに飛ばそうと思います。当然筋肉の動きは早く、大きな力を出さなければいけません。それは前頭葉にとってみれば一番苦手なことなのです。できればそんな動きはしたくないわけです。そこでこの司令塔はボールを「打つな!」と動きを止めにかかります。結果あなたのスイングはボールを打つにはもっとも具合の悪い動きとなってしまい、打ったボールはあらぬ方向に飛んで行ってしまうのです。


 ミスの出る原因は分かりました。ではみんなに起こるこの大問題をプロはどうやって克服しているのでしょうか。ヒントはアスリートや古武道での動きにあります。大きな力を出したり早い動きをするときのアスリートに共通したある動きが、筋肉が受ける大脳前頭葉の束縛を解いて、目にも止まらない早い動きや信じがたい瞬発力を生み出しています。その「ある動き」とは何か。それはゴルフスイングに当てはめるとどういう動きになるのか。次回もう少し踏み込んで説明しましょう。



f36c0c29.jpg

アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ