暖かくなってきました。ゴルフシーズン到来!
今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。





吉川です。

この中ではプレーヤーが右打ちとして説明してありますので、左打ちの方は右・左を入れ替えて読んでください。

 1プレーンスイングのスイングトップでのクラブが、レイド・オフ・ポジションであればスイング効率が上がることを前回説明しました。では2プレーンスイングの場合はどうでしょうか。

 2プレーンスイングのパワーの源は「腕の振り」です。そしてポスチャー(立ち姿勢)は1プレーンスイングより立ち上がっていて腕は縦振りというスイングです。後方から見るとトップ・オブ・スイングでクラブポジションはクロス・ザ・ライン(Cross The Line)という形で、クラブヘッドはスイングプレーンより上(前方)に位置しています。DVDで説明しているように、この位置から腕を右太腿に向かって垂直に引き下ろし、体の回転を同期させてクラブの走るスピードを加速します。

 トップオブスイングでクラブヘッドがスイングプレーン上にある場合(オン・プレーン)、クラブを腕で垂直に引き下ろすとクラブヘッドはボールに向かわずもっと手前に下りてきてしまいます。このクラブヘッドの位置ではヘッドがボールに向かうような方向の力でクラブを振り下ろさざるを得ないため、腕は垂直には振り下ろせません。

つまり、ヘッドを加速することは容易ではありません。垂直方向の力と水平方向の力をバランスさせて、ヘッドをボールに向かわせなければいけません。

 トップオブスイングでクラブシャフトがターゲットの右を向いていると(Cross The Line Position)、クラブヘッドはスイングプレーンの上(前方)にあります。ダウンスイングで腕を垂直に振るとクラブヘッドには垂直下方への力が加わり、ヘッドはスイングプレーン上へ引っ張られてボールに向かうことになります。結果としてクラブヘッドの軌道はダウンスイングが始まるとすぐにスイングプレーンと一致し、効率の高い無駄のない動きとなります。さらに、腕を早く振れば振るほどヘッドの軌道は効率よくスイングプレーン上に乗るためヘッドは加速され、インパクトはよりSolid Contactとなります。

 2プレーンスイングのプレーヤーは、トップオブスイングでクラブがクロスの位置から思い切り垂直に腕を振り下ろしてください。クラブヘッドが加速され驚くほどボールのつかまりがよくなります。

1プレーンスイングと2プレーンスイングを比べてみると、Solid Contactを得るためのダウンスイングの動きは全く違います。1プレーンは肩を回す、2プレーンは腕を振る、これだけ大きく違う訳ですから、両者を混同することがスイング上いかに危険かが分かってもらえたと思います。


28.ダウンスイング6クラブポジション2