確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

ロングゲーム

ボールを飛ばすエネルギー:力積

時間があきましたが「力積」について説明しましょう。

力積



運動の勢い、つまり運動量を変化させるには物体に力を加えればいいわけですが、このとき力が大きいほど運動量は大きく変化します。また力を加えている時間が長ければ長いほど運動量は大きく変化します。

運動量を変化させる効果のある量を考えるとき、力と時間を掛け合わせた量を用いるのが妥当です。この量を力積(りきせき)といいます。



力をF  [N:ニュートン]、加え続けた時間を Δt  [s] とすると力積は以下のように表せます。

力積: FΔt

縦軸を力、横軸を時間としたグラフにおいて 10N 2.0s のときと5.0N 4.0s の場合をグラフに表すと下図のようになり、その面積は同じで力積は等しくなります。

このように力のかけ具合が違っても面積が等しければ、対象となる物体は同じ距離を動きます。



力積図_1力積図_2

 

ゴルフのインパクトのように短い時間だけ働く大きな力を撃力といいます。

このとき力が一定でなくても Ft グラフが描ければ、その力積を表す面積(力の積分値)と同じ面積の長方形の縦辺の長さが撃力の平均の大きさとなります。



力積図_3

ゴルフボールを遠くに飛ばすためには、この撃力のグラフにおいてF を大きくするかt を長くするか、もしくはその両方を大きくすることで力積の値を大きくする必要があります。



F を大きくするためにはヘッドスピードを上げてヘッドに働く遠心力を大きくする必要があります。一般的にヘッドスピードが1m/s上がると飛距離は約6ヤード大きくなるといわれています。しかし現行のスイングでヘッドスピードを上げるというのはそれほど簡単ではありません。ましてや無理にヘッドスピードを上げようとしてスイートスポットに当たらなくなり、結果スマッシュファクターが低下してかえって飛ばなくなるということもありがちです。



そこでt(ボールとクラブフェースとの接触時間)を伸ばすことを考えます。実際にどうすればt を大きくすることができるのか。前回までに説明した慣性モーメントとの関係をみながら解き明かしていきましょう。

最後の慣性モーメント

前回のブログから随分時間が経ってしまいました。実は「最後の慣性モーメントを有効に使う」という部分を、どうすれば分かりやすく説明できるのか色々と考え試行錯誤していました。以前にブログ「Golf IT Now!」で説明を試みましたが言わんとすることが正確に伝わったかどうかは私自身不満が残るところでした。今回は何とかもっと分かりやすく説明したいと思っていますのでもう少し時間をください。

さて、最後の慣性モーメントとは何か。ゴルフにはなぜそれが必要なのか。まずこれらを説明しておきましょう。


ゴルフというスポーツは、体を回転させてボールを打ち体の横方向にあるターゲットに向かってボールを飛ばすSide On Target Sports(サイド・オン・ターゲット・スポーツ)というカテゴリーに入ります。もう一つのカテゴリーはHead On Target Sports(ヘッド・オン・ターゲット・スポーツ)で、ターゲットが体の正面にあります。

 そしてゴルフの最大の特徴は“地面にあるボールを打つ”ことです。空中のボールを打つのは野球、テニスなどですが、これらのスポーツでは肩を支点(回転中心)とした腕・手首周りのほぼ水平な面上の慣性モーメントをいかにうまく使うかがポイントになります。この動きの面(プレーン)を傾けて地面にあるボールを打ったとします。ボールは多分10ヤード程度しか飛ばないでしょう。なぜなら肩・腕・手首・ボールが同一プレーン上にあるため、ボールの飛距離にとって非常に重要な揚力を与えるバックスピンがかけられないからです。この動き(スイング)ではクラブフェースの重心はシャフト線上になければなりません。ボールを飛ばすためにフェースにロフトを付けたとしても結果はあまり変わりません。



 地面にあるボールを体を回転させて打つ最上の道具は必然的に独特の(変な)非対称の形となり、シャフトからオフセットされた重心位置を持つクラブを、シャフト回りに回転させてその慣性モーメント(最後の慣性モーメント)を使ってボールを飛ばすことが、最もエネルギー伝達の効率が高いことになります。(図1参照) ですからゴルフのボールは野球やテニスのそれらとは比べ物にならない大きな飛距離を持つわけです。


 次回は飛距離に関するもう一つの重要な要素「力積」について再度説明をしましょう。

 


 c53d5d74.png


1プレーンスイングと2プレーンスイングの誤解

掲載内容はすべて、
2005年 Jim Hardyの著書「The Plane Truth for Golfers by Jim Hardy, 2005 the McGraw-Hill companies」より抜粋したものです。


前回で1プレーンスイングと2プレーンスイングの各スイングエレメントについての説明が終わりました。
いずれの部分も2つの全く違うスイングそれぞれに対する最も大切な基本について説明しています。
実際の各エレメントの動きについてはDVD「成功するゴルフ」を参照してください。

2005年から1プレーンスイング、2プレーンスイングを基本としてティーチングを進めてきましたが、ここ1年くらいの間に2つのスイングに対する基本的な誤解のもとにティーチングやレッスンが進められ、また誤解したままプレーしている様子を見かけるようになりました。

最も多く見かける誤解は、「2プレーンは飛距離が出る=1プレーンは飛ばない」と「2プレーンはタイミングが命なので1プレーンに比べてパフォーマンスに限界がある」いうものです。

DVDで解説しているのは、これら2つのスイングはどちらが良くてどちらが悪いという優劣はなく、どちらにも優れた世界的なプレーヤーがいてそれぞれ成功している、という事実です。
次の実績を見てください。

1プレーンスイング: B.ホーガン 64勝、T.ウッズ  79勝など
2プレーンスイング: J.ニクラス 73勝、T.ワトソン 39勝、A. ソレンスタム 72勝、K.ウェブ 39勝など
(いずれも米ツアー成績)
どちらのスイングにもすごい選手がいますね。
どちらのスイングにもパフォーマンスの限界はないということは明らかですね。

では誤解を解いていきましょう。

2プレーンスイングは1プレーンスイングより飛距離が出る?
確かに2プレーンスイングは飛距離の出るスイングです。では1プレーンスイングは飛距離が出ないのか?そうではありません。
USPGAのツアーを見てください。多くの1プレーンスイングプレーヤーの飛距離は、特に最近目を見張るものがあります。
ボールの飛距離がヘッドスピードだけで決まるのであれば、確かに2プレーンスイングは多少有利であることは間違いありません。そしてダウンスイングのタイミングの安定という重要な要素が保証できるなら、まさに2プレーンスイングは飛距離に対して大きな武器になります。
このタイミングの安定が2プレーンスイングのキーであり、それが狂った場合の「ボールの曲り」というリスクは必ず生じます。
ラウンドを振り返ってみると、ボールを曲げてしまって結局距離のハンディキャップを背負うことになった経験はみなさん持っていることと思います。
2プレーンスイングの飛距離は”もしも曲がらずに飛んだら”という前提で考えなければなりませんね。
これは1プレーンスイングでも同じですが、曲がるリスクは2プレーンスイングより低いので結局一般的には飛距離はさほど変わらないことになります。

ましてやこれら2つのスイングにパフォーマンスの優劣や限界はありません。どちらも優れたスイングであることは前述のトーナメント実績でも明らかですね。

では、飛距離はどうすれば伸びるのでしょうか。
答えは、「ボールヒッティングの力積を大きくする」ことと「最後の慣性モーメントを有効に使う」ということになります。
この2つをスイングでどう実現するのかは次回以降のブログで解説します。
どうぞお楽しみに。


リズム、テンポ、タイミング、バランス

確信のゴルフ

吉川恭司
森本淳一

2プレーン・スイング フォロースルー

シリーズ最終回は2プレーンスイングのフォロースルーです。

いよいよ最終回です。
このシリーズでお伝えした内容は確信のゴルフで皆さんに説明している、
「確信」を持ってお伝えできる「真実」です。

これまで多くのプレーヤーを対象にティーチングで伝えてきた内容です。
すべてを文字で理解するのは時間がかかります。

是非DVD「成功するゴルフシリーズ」で解説を確認しながら理解を進めてください。
習得スピードが上がり効率よく「確信のスイング」を身に着けることができます。

2プレーン・スイング  フォロースル―
やるべきこと
2プレーンのダウンスイングでは肩は腰と同時に回転する。バックスイングのトップやフォロースルーで肩を腰に対して捻る動きはしない。そしてダウンスイングで、柔軟な1プレーンスインガーほど肩をターンさせない。それは、2プレーンスイングで肩はパワーを生み出す源ではいため、ダウンスイングでの動きは押さえられているからである。したがってインパクトからフォロースルーにかけても大きな動きはしない。柔軟性のある2プレーンプレーヤーは肩がターゲットに正対したフィニッシュが取れる。2プレーンプレーヤーがこの正対したポジションより肩が回ることは滅多になく、たいていは正対するか少し手前でフィニッシュする。ターゲット側から見ると肩は水平になっている。これは2・プレーンプレーヤーには当然で、なぜなら1プレーンプレーヤーよりスイング中は背骨の前傾が浅く、フィニッシュではさらに立ち上がった姿勢になるからである。
2プレーンのフォロースルーでの腕の位置は1プレーンのときとは大きく違ってくる。右腕は少し曲がっている。左上腕と左前腕とが90度になるように左腕は折れていて曲がっている。両腕は2プレーンスイングでは実際アップライトなフィニッシュになる。右腕は水平よりもっとアップライトにスイングされる。両腕は左肩の真上か首の付け根の真上に来る。コリン・モンゴメリーとヘール・アーウィンはハイ・フィニッシュの腕と手の位置をしめす最適な例である。
2プレーンプレーヤーの腰はフォロースルーでは実際には肩と同じだけ回る。つまりターゲットと正対する。
背骨の角度フィニッシュにおける2プレーンゴルファーの背骨の角度は若干違ったものとなる。1プレーンゴルファーの少し右に傾いたフィニッシュに対して、2プレーンゴルファーの背骨は完全に垂直である。2プレーンゴルファーの背骨の前傾が浅い位置に保たれることは大変重要である。なぜなら背骨が右に傾くということはプレーヤーがダウンスイングで回転動作よりも傾ける動作をしているからである。正面から見たアドレスのときと同じくフォロースルーの背骨は完全に垂直で後に傾いていない。これでスイングのバランスが保たれて腰痛の原因となるゆがみが大きく低減される。
体重配分1プレーンと2プレーンのフィニッシュでの体重配分に違いはない。いいバランスというのはどんな方法でクラブを振ろうがいいバランスなのである。体重はほとんど100%左(前)足に乗っていて、左足は真っ直ぐ。右脚は前方に曲がっていて爪先立ちになっている。
クラブフォロースルーでのクラブのポジションに明らかな違いがある。2プレーンでは腕の位置が高いのでクラブが背中の後で落ちる感じになる。1プレーンプレーヤーより急角度で、垂直に対して60~70度となる。ターゲット側から見ると、手から下がったクラブは背中の後から首の付け根あたりを通って下がっている。
ここで注意すべきことがある。ビデオなどでスイングを飛球線後方から撮った場合、インパクト直後のフォロースルーの始まりで、クラブヘッドが体の左に見え始める位置は左肩かそのすぐ上、肩と首の間、である。これは1プレーンに比べるとかなり高い位置であり回り込みも少ない。ここで1プレーンと2プレーンスイングの飛球線後方からの画像で、上述の位置に現れるクラブフェースについて重要な注意をしておこう。正しくオン・プレーンにスイングした場合、この位置ではクラブフェースはどちらもプレーンに対してスクエアである。(トーが真上より少し左に回っている)もしその位置でスクエアでなければクローズド(フェースが地面を向いている)かオープン(トーが空に向いている)かである。これらのスクエアではないクラブフェースは、インパクトに向かって正しくない方向からスイングしていることを明確に示している。フェースがクローズドになっている場合は、フェースが開いたままかなりインサイドからなおかつ低くインパクトに向かってスイングされた結果である。プレーヤーはクラブフェースをボールに正しくミートしようとして無理やりクラブを手でロールさせる。インパクト直前のこの動きはフォロースルーまで続き、フェースをクローズドにしてしまう。反対にフォロースルーでフェースがオープンになっている場合は通常、アウト-インまたはオーバーザトップといった誤ったスイングの場合、プレーヤーが正しくボールをヒットしようとしてフェースをオープンにした結果である。  


掲載内容はすべて、
2005年 Jim Hardyの著書「The Plane Truth for Golfers by Jim Hardy, 2005 the McGraw-Hill companies」より抜粋したものです。


確信のゴルフ

吉川恭司
森本淳一

1プレーン・スイング フォロースルー

シリーズ第九回は1プレーンスイングのフォロースルーです。

いよいよスイングの最終段階です。

1プレーン・スイング  フォロースルー
やるべきこと
フォロースルーで肩はアドレス時の位置に対して100度以上回っている。つまり、ターゲットに正対した位置よりさらに回っている。飛球線方向から見ると肩のラインはほぼ水平になっている。これは背骨の捻れがインパクト後ほどけて真っ直ぐになった結果である。
フィニッシュでは腕は肩、上体そして右腕が左腕を追い越してリリースされる回転力によって最後まで回される。それまで上体の右側で回転に従ってきた腕は、胸の前を横切って上体の左側に振りほどかれる。腕の位置はトップオブスイングと全く対照的ではない。それはフィニッシュに近づくにつれて背骨が起き上がるためで、右腕は胸の前で伸びきった形になる。右腕は左肩より高く、左腕は肘がたたまれて上を向いている。
腰はターゲットに向かって回りきっているが、どのくらい回るかはプレーヤーの体の柔軟度によって違う。理想的にはターゲットに正対するくらい(アドレス位置に対して90度回った位置)か、少しそれより回っている。腰と肩のフィニッシュでの回転角を見てみると、肩のほうが腰よりはるかに回っている。
背骨の角度ターゲット側からプレーヤーを見ると背骨はかなり起き上がっている。プレーヤーから見て少し右へあるいはターゲット方向へ傾いているのは問題ない。なぜならば、1プレーンスイングの場合は背骨は前傾したままスイングするからで、2プレーンスイングの肩がほぼ水平に回転するのと比べれば一目瞭然である。 
ここで両プレーンのスイングでフィニッシュにおける背骨の角度について重要なポイントを説明する。アドレス正面から見たフォロースルーでの背骨の角度は垂直に近い。決して反り返ってはいけない。つまり、背骨の最上端は背骨の腰との付け根よりもターゲットから遠くなってはいけない。この背骨の反り返りは、スイング中の腰、脚の過度のスライドによって引き起こされる。この動きは1プレーンスイングにとっては絶対に禁物である。フィニッシュでの背骨の反り返りは”逆C”と呼ばれ、このスイングを続けると腰に重度の負担をかけることになり、加齢とともに腰痛を引き起こすことは間違いないのである。
トム・カイトとピーター・ジェイコブセンはト2プレーンから素晴らしい1プレーンへと変身した見本となるプレーヤーで、その過程で”逆C”から立ち上がったフィニッシュへとスイングを変えたのです。
体重配分フィニッシュでは体重はほとんど前脚にかかっていて前脚は真っ直ぐ、後ろ足は少し曲がっている。右膝は少し曲がって下脚は爪先立ちで前方を向いている。
クラブ1プレーンのフィニッシュでは2プレーンよりも腕とクラブが低い位置に来る。1プレーンスイングでは一貫してこのややフラットなプレーンをたどる。両腕は左肩の上やや外側、クラブは背中上部の後にあってクラブヘッドはグリップエンドより少し下がっている。つまりシャフトはほぼ水平であるといっていい。ここで注意すべきことがある。ビデオなどでスイングを飛球線後方から撮った場合、インパクト直後のフォロースルーの始まりで、クラブヘッドが体の左に見え始める位置は左肩のすぐ下である。これは大変重要なことで、腕とクラブは上体の左側へ振りぬかれている事を示している。決して外へあるいは上へ出ては行かないということである。もしも腕とクラブが野球のバットのように右腕が左腕の上になってリリースされ振りぬかれなかったならば、腕とクラブは上体から離れていってしまう。クラブは円弧から外れて直線的に進みターゲットラインから外れてしまう。この間違いはプッシュ、フックの原因となり、フックを避けようとして腕を硬くするとヒールシャンクの原因となる。ターゲットに向かって出来るだけ長く真っ直ぐにクラブを振れ、という間違った指導が山ほど存在するが、これほど事実に反する教えは他にない。1プレーン、2プレーンにかかわらず、ゴルフスイングはターゲットに対して横向きにスイングすることを忘れてはいけない。つまりゴルフスイングとは、ターゲットラインに対してインサイドからスイングしターゲットラインに向かいまたインサイドに向かう円弧に沿って動く運動である。2プレーンスイングは1プレーンスイングよりアップライトなため、円弧は緩やかである。しかし、ターゲットに向かって直線的にスイングしろという指導はどんなものであっても絶対に無視すべきである。この指導はクロケットのようなオンラインゲームでは有効でも、野球やテニスやゴルフのような横打ちのスポーツにとっては全く間違いである。                                         



掲載内容はすべて、
2005年 Jim Hardyの著書「The Plane Truth for Golfers by Jim Hardy, 2005 the McGraw-Hill companies」より抜粋したものです。


確信のゴルフ

吉川恭司
森本淳一
アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ