確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

ゴルフ

■インパクト・フォロースルー 1

今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD 「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。



吉川です。


DVD「成功するゴルフ スイングプレーンの真実」の中でもこのブログでも再三クラブは操作するなと説明してきました。ダウンスイングの始まりはクラブが最も軽く感じられる方向、つまりクラブシャフトの方向にクラブを「引っ張り」下ろします。決してダウンスイングの始めからクラブを早く振ろうとしてはいけません。クラブシャフトの方向にクラブを引っ張りますが問題はその引っ張る方向です。


1プレーンスイングではグリップが左腿に触るくらいの感覚で体の近くに引き寄せます。決してグリップをボールに向かって振ってはいけません。2 プレーンスイングでもやはりクラブはシャフトの方向に引っ張ります。


2
プレーンスイングのトップではグリップは右肩の上、高い位置にありクラブシャフトはアップライトになっています。したがって2プレーンスイングでは1 プレーンスイングよりもっと垂直に引き下ろす感じになります。右足つま先に向かってグリップを引き下ろします。どちらのスイングもグリップはダウンスイングでインナーサークルより外には出ないことが振り遅れないための条件です。


写真はインパクトの例です。上が
1プレーンスイング、下が2 プレーンスイングです。ここで注意したいのは右打ちの場合右臀部、左打ちの場合左臀部の位置です。どちらもインパクト時とアドレス時の臀部の位置が前(ボール方向)に動いていません。臀部が前に出るとグリップも外に出ようとするため腕とクラブシャフトの角度を緩めて(鈍角にして)調整します。結果パワーアングルがなくなりインパクトまでにボールに与えるエネルギーが放出されてしまって、ソリッドなコンタクトは望めません。腰と頭の位置関係が保たれている点に注目してください。


7d4f6442.jpg


出典:http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing

 フルスイングをするとどうしても臀部が前に出やすくなるので、まずはハーフスイング、
3/4スイングでこの位置関係を保つ練習をしてください。これができるようになるとグリップを体に引きつけてダウンスイングすることが簡単になります。ダウンスイングでグリップをボールに向かって振らず、インナーサークルを外れないように引き付ける練習をしてください。

■基本に戻って 1プレーンスイング、2プレーンスイング

熱中症にはご注意ください!

今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。



最近いろいろなことがあって、我々が伝えている1プレーンスイング、2プレーンスイングの基本をここでもう一度確認しておく必要性を感じました。

先ず定義から。

l  1プレーンスイング(One Plane Swing)

肩の回転面(プレーン)の傾きクラブヘッドの回転面(プレーン)の傾きほぼ平行である。つまりプレーンの傾きが1種類なので1プレーン

l  2プレーンスイング(Two Plane Swing)

肩の回転面(プレーン)の傾きクラブヘッドの回転面(プレーン)の傾きクロスする。つまりプレーンの傾きが2種類なので2プレーン


 次にこれら2種類のスイングで際立って違うポイントを簡単に表にして比較してみました。



fcd975c1.jpg



















(1) 
ゾーンとは:ボールとそれより約1.2m遠い距離までの範囲のこと。

詳しくはDVD成功するゴルフ」をご覧ください。


1プレーンスイングと2プレーンスイングはこれほど際立って違う要素から成り立っています。その定義とともにそれぞれの要素を決して混同しないでスイングを磨いてください。

1プレーンスイング、2プレーンスイングは2005 Jim Hardyの著書「The Plane Truth for Golfers」の中で紹介された定義に基づいて説明しています。

 

 

■気になる言葉づかい トゥーとフェース面

熱中症にはご注意ください!

今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。





吉川です。


スポーツに限らず各業界には業界用語というものが慣習的に使われています。例えばコンピュータ業界では、ディレクトリー、プロパティ、拡張子など他業界とはちょっと違った使い方をされたり新語が生まれたりしています。

ゴルフ界でも普段使わないような言葉が使われています。

例えばスルーザグリーン
(Through the Green) 、カジュアルウォーター(Casual Water)、ルースインペディメント(Loose Impediments) 、ラブオブザグリーン(Rub of the Green) 、局外者(Outside Agency)などなど。(ゴルフ規則 2013 年度版 (公財)日本ゴルフ協会発行より) 

ゴルフにおけるルールとはもちろんペナルティ(主に罰打)を科する規定ですが同時にプレーヤーに対する救済措置の規定でもあります。知らないと損をすることも多々ありますから、しっかりと勉強しておきましょう。


 さて日本ではゴルフのプレー人口は減少傾向にありますがまだまだ根強い人気を保っていますし、ゴルフ専門チャンネルも健在です。プロツアーの実況放送もシーズン中はほぼ毎週あります。以前からゴルフツアーの中継や専門チャンネルの番組を見ていて違和感を覚える言葉づかいがよく出てくることに気づいていました。それは「トゥ」と「フェース面」という言葉です。


 まず「トゥ」です。使っている人はクラブの先端を指してこう言っているのですが、英語の
"two""too" と同じ発音[tú]をしています。本来は「toe 」「トー」であって発音は[tóu] です。

前出のゴルフ規則の付属規則
IIクラブのデザイン中でも「トー」と表記しています。英語のtoeはつま先やクラブの先端を意味します。バレーのトーシューズ「toe shoes 」はつま先立ちで使うのでこの名前がついています。サッカーでもつま先で蹴ることを「トーキック」と言いますね。

しかし、かなり多くのゴルフ界の人が間違った発音をし、間違いを指摘しても治りません。たぶん幼いころからゴルフというスポーツに没頭する中で誰かが使い始めたこの
[tú]という間違った発音が身に沁みついているのだと思われます。

なぜこれが問題かを説明しましょう。

多くのプレーヤーの中から日本を出て世界で戦うプレーヤーが育っています。オリンピックの正式種目になったこともあって、そういうプレーヤの数は今後増える事でしょう。我々コーチ、インストラクターやティーチングプロは彼らに間違ったことを教えてはいけません。彼らに恥をかかせてはいけません。ですから自分たちが先ずゴルフに対して正しい理解を習得する必要があります。今から
[tú] をやめて[tóu]を使いましょう。


 次は「フェース面」ですが、なぜおかしいかは説明するまでもありませんね。「外人の人」「隣人の人」などは使わないのになぜか「フェース面」はかなりの人が使っています。週刊ゴルフ雑誌にはご丁寧に活字で「フェース面」と印刷されていました。これは国際的には問題はないにしても、ちゃんとした言葉で正しい内容を伝えてほしいですね。


 そのほかにも間違いではありませんが、ゴルフプレーにまつわる和製英語は山ほどあります。アゲンスト(またはアゲインスト)、フォロー、スライスライン、フックライン、パーオン、ダフり、優勝者コメントでの「パートナーに恵まれ...」などなど。でも中には稀に海外で市民権を得つつある和製英語もあるとか。いつか世界の舞台で正しい英語で堂々と優勝インタビューに答える日本人
( アマチュア)プレーヤーが出ることを願っています。


■ダウンスイング 12  ヘッドスピードとスイングスピード

熱中症にはご注意ください!

今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。




吉川です。


トーナメント中継を見ているとプロの飛距離の凄さに驚きます。海外のトーナメントでは特にそれが顕著です。皆さんも興味の大きいメジャートーナメントの一つ、マスターズを見てみましょう。

16
番ホール 175yd パー3

プロのこのホールでの平均的な使用クラブはなんと
9 アイアンです。このホールだけではなくラウンドを通じて彼らの飛距離の凄さには圧倒されます。


ただ皆さんがホッとするような面白い記録もあります。過去の各ホールの最多スコアを並べてみたらいったい世界のトッププロはどんなスコアで回っているのでしょうか。アウト
76、イン89 、トータル165となります。ビギナー以下の信じられない数字ですね。

もっとも一人でこれだけ叩いたわけではありませんし、トーナメントのセッティングなのでご安心を。
1 ホールの最多ストロークは132 つ。12 番パー3でトム・ワイスコフが、13 番パー5 で中島常幸がそれぞれ記録しています。ちなみに前出の16番パー3 の最多ストロークは11 です。また、マスターズでの18ホール最少ストロークは63 でニック・プライスとグレッグ・ノーマンが記録しています。さすがですね。


さて本題に戻って、プロの飛距離はどうやってたたき出しているのか、を考えてみましょう。ここで注目してもらいたいのはスイングスピードとヘッドスピードの関係です。

プロのスイングスピードは速い。だからヘッドスピードも速い。と思っているプレーヤーは多いと思います。
DVD でもこのブログででも再三説明してきましたが、クラブは振ってはいけない、操作してはいけない、グリップは握ってはいけない、というおよそスイング中の感覚とは逆のアドバイスを思い出してください。

グリップをゆるく握ってクラブを(振り出さずに)シャフト方向に引き下ろす動作でダウンスイングを始めたとします。ゆるいグリップのまま腕を早く振るとどうなるか。ヘッドは大きく遅れて結果振り遅れという症状になります。ではプロは実際にどういうスピードバランスでスイングをしているのでしょうか。代表的なスイングとして
Tiger Woodsのダウンスイング~インパクトを見てみましょう。


8a38ce53.jpg




出典:GDO http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse0000000266.html

写真1~2ではグリップが動いた距離に対するヘッドの移動距離はそれほど差はありません。
しかし3~4ではどうでしょう。グリップは右腰から左腰程度の距離しか動いていません。しかしその間にクラブヘッドはスイング円弧のほぼ
1/4も動いています

インパクト直前でグリップはむしろ減速しているように見えます。実際多くのプロはインパクト近辺でグリップが止まった感じで打っていると証言しています。当然この感覚を可能にするのは前に説明した「パワーアングル」をしっかりと保ってスイングすることが条件です。
1 プレーンスイングを例に挙げましたが2プレーンスイングでも全く同じことが言えます。


力を抜いてグリップをゆるくしてインパクトでグリップを止めるダウンスイングをしてみて下さい。驚くほどクラブヘッドが走ります。この感覚を経験するとだんだんダウンスイングのスイングスピードのバランスがつかめてきます。ヘッドスピードを上げる要素はスイングスピードではありません!

■ダウンスイング 11  フェースの向き

ゴルフシーズン到来!
今年こそ自分のスイングを確立したい、というゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロ です。




吉川です。

 前々回はダウンスイングでシャフトがしなるという現象を説明し、それはクラブヘッドの重心がシャフト延長線上に来ようとするために起こる現象であることを理解してもらいました。シャフトのしなりには2種類あって、一つはヘッドが下がるトーダウン、もう一つはヘッドが前に出ようとするもしくは、(右打ちの場合)シャフト周りに反時計回りの回転をするために起こるしなりです。

 1プレーンスイングではクラブをスパインの周りに回転させ、できるだけクラブフェースのローテーションを使わずスクエアに打つことがスイングの効率を高めます。前々回説明した通りですね。

では2プレーンではどうでしょうか。2プレーンスイングでは腕を強く上下動させクラブはスイング全体を通じてほぼ体の正面にあります。したがってクラブフェースのローテーションを使い1プレーンスイングに負けない慣性モーメントを生み出す必要があります。そこでクラブに(右打ちの場合)バクスイングではシャフト周りに時計回りの、ダウンスイングでは反時計回りのローテーションを与える必要があります。アップライトなスイングで打球に推進力を与えるためにこのローテーションを使って慣性モーメントによる力でボールを飛ばすわけです。

 ここで前々回の説明を思い出してください。ダウンスイングでシャフト延長線からヘッド重心が離れていればいるほど重心がシャフト延長線上に来ようとする力は大きくなります。2プレーンスイングではこの力を最大限に使います。説明内容をイメージしてもらうためにトップオブスイングでのクラブヘッドの向きが分かる図を添付しました。イメージしやすいように右打ちと左打ちのイメージを添付してあります。

920d330c.jpg


上の図はトップオブスイングでフェースをオープンにした時のフェース位置で、重心はシャフト延長線から大きく離れています。2プレーンスイングではこのトップオブスイングの形を取り、ダウンスイングでヘッド重心が強くシャフト延長線上に動く力を利用します。したがってハーフウェイバックでリーディングエッジが垂直、つまりトーは真上を向いてフェースはオープンの位置になるわけです。

ちなみに1プレーンスイングでは下の図のようなフェース位置になり、重心位置のシャフト延長線からのずれは大きくありません。ダウンスイングでフェースが回転しようとする力は大きくなく、クラブフェースはスイングプレーン上をほぼスクエアに(スイングプレーンに対してリーディングエッジがほぼ直角に)動くことになります。

 今回の説明はスイングの過程でクラブヘッドが視野から外れた位置での挙動について説明しています。頭の中だけでこの動きをイメージすることは容易ではありません。是非クラブ(アイアン)を持って実際にゆっくりとバックスイングし、図のフェースと同じ格好になる位置を確かめてみて下さい。フェースがオープンおよびスクエアとなるためのグリップの動きを体感してみて下さい。そして実際にレンジなどでボールを打って結果がどう違うのかを体験してください。
アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ