確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

プライベート

USGTF世界大会参加してきました!

10月13日から18日まで
中国の上海郊外(200kmくらいあったと思いますが・・・)
の上海サンアイランドゴルフ&リゾートで
USGTF 世界大会が開催され日本代表として行ってきました

初めての中国ということがありちょっと不安な気持ちになりながら
いざ関西国際空港へ

上本町から空港バス
DSC_0381

DSC_0382

午後のフライトだったので
とりあえず、お寿司でお腹を満たし
DSC_0383


ウイスキーのロック
DSC_0384


さすがに中国行きのANA
パンダの塗装の機体に
DSC_0386


約2時間のフライトで
上海浦東国際空港に到着

タクシーで飛ばす(怖かった・・・)こと1時間30分
ホテルに到着

元同僚の城所君と同じ部屋にチェックイン

明日の練習ラウンドに向けてJAPANのメンバーと打ち合わせの後、
就寝

さて、練習ラウンドです
DSC_0388


DSC_0389


風も思ったほど強くなく、思ったほどコースの難易度も難しくないと感じたんですが、
グリーンの芝目が入り組んでいるので入念にチェックしました

さて、
オープニングセレモニーの開始です
DSC_0391
DSC_0394
DSC_0393
DSC_0395


食事も美味しく楽しみました

大会初日、
試合ということで気合いを入れて何時スタート

おい
ショットガン・スタート
ついでに、昨日と打って変って、風の方向は違うは、強風やわ

まあ、スタック&チルトでスティンガーショットを打っていけば良いと思っていて、
練習もほとんどスティンガーをメインにしていたので問題なし

で・・・
何番ホールスタート

9番スタート
ショートホールやないか
ティーグランドに立つと昨日と逆の風
なんとアゲンスト
練習ラウンドでは、6番か7番かのアイアンでよかったのに、
朝からロングアイアンかい

僕が3番目に打つことに

オナーと2番目の中国メンバーが、
グリーン手前の池と左に大ショート
で、僕は4番アイアンでスティンガー
ナイスショットでグリーンオン

でも・・・
他のメンバーが・・・

途中6ホールまでボクは+1
他のメンバーは、数えれない

7番目のホール248yのショートホール
右からのアゲンストでドライバーを持っても届くのか
の強風の中、5Wで花道狙い
右も左も池と川
右の川に向けてイケー
なんとか、左の池の横に

ここでちょっとしたアクシデント
朝もらっていたピンシートのピンの位置と違う
そういえば、全部違うやん・・・
でもって、キャディーさんがライン教えてくれへんやん・・・

中国チームにはメッチャ教えてるのに、
完全アウェー状態に突入

そこでダボを叩き+4・・・
次のホールも今度は風が右からアゲンストなのにセカンドを打った瞬間、右へ
川に入り、なんとかグリーンオンさせて7mをねじ込んでボギーの
トータル+5

でもおかしい
明らかにおかしい

ぼくも、落ち着こうと思いましたが、もう止められません・・・
完全にハマってしまってしまいました・・・・

アウェーの空気が漂っている

もうどうにもなりません

戻ってからリーダーや会長に伝えると、
同じことを・・・・
リーダーから
「フレンドリーカップということでいきましょう

切り替えました

初日は、JAPANの北川君がトップ
このアウェーの中 77でラウンドしてきました

2日目も3日目も僕だけ同じ9番ショートホールスタート

でも
「まあいいっかァー
みんなと楽しく廻れたら

ラウンド終了後
噂のヒッコリーシャフトのクラブで出場のマイクと
DSC_0403


そして、
表彰式
765e6ed0.jpg



3日目に僕とラウンドし僕よりもスコアが悪かったメンバーが、
3日目の午後に開催された中国杯の優勝
-1(70)でラウンド

そして世界大会の優勝は、わがJAPANの北川君が逃げ切り優勝
DSC_0413
DSC_0417
DSC_0419


北川君おめでとう

でも、この女の子可愛かった

最後に
USGTF本部会長 Geoff Bryantと
abc63c22.jpg



吉川師の弟子と伝えるとよろしくとのこと

僕の感想としては、
フレンドリーカップとして考えると楽しく3日間を過ごせたと思います
ただ、それだけです。

JAPANチームのみんなお疲れ様でした
Taikai01

右から3番目が僕です

翌日は、午後イチのフライト
朝タクシーに乗り込み
行きは1.5時間かかったのに
帰りは約1時間
180kmは出てたと思います・・・

16時前に関空から自宅へ
DSC_0422


18時に帰宅し
ソッコー自宅前の割烹居酒屋で
DSC_0423


JGTOのQTが如何にフェアプレイなのかよくわかりました

良い経験をさせていただいたと思います。
応援していただいた方々に感謝いたします

契約

契約とは、どんなことだと考えられますか?

仕事上の契約
不動産の契約
新聞購読の契約
車のローン契約
結婚の契約
などなど・・・
契約とは、さまざまなものがあります。

それは、付き合いが必要なんですよね。
付き合うということは、制限があります。
する必要がないことに関しては、しなくてもいいということにもつながります。
必要以上のことをすれば、契約違反にもなりかねません。
必要なことをしなければ、これも不履行で違反になってしまいます。

しかし、
って、
契約でしょうか?
付き合いでしょうか?

”ふれあい”だと思います。
”ふれあい”に制限はありません。

お互いに、無益であっても関わりたいと思うことですよね。
家族には、”ふれあい“があります。

親心(父性・母性)・兄弟心

僕は、これを重要に思っています。

夫婦関係とは、契約であるのですが、
親子関係は、契約ではないんです。

僕は、これまで、
恋愛をしました。
結婚をしました。
子供に恵まれました。
病気になりました。
などなど・・・

人間の一生は、
最後に、これをやり遂げたものでしか、
人との”ふれあい”を真にわかったことにはならない。
っと思い始めてきています。

結婚したいと思う。
子供がほしいと思う。
思うことはいいことです。
なおさら、
経験してみれば、

経験をした人の気持ちがわかってくるでしょう。

経験をしていない人が、
どれだけ論じたとしてもそれは、たわごとにすぎない。

一生でどれだけの経験をしてきたかが、
ふれあいに必要な条件であるかだと、
思えています。

人を批判するのは簡単だ。

ただ批判するのではなく、
その人の経験不足を補えばいい。
無理に押し進める必要はない。
そのほうが、徳だよっとなだめればいい。

背伸びをする必要はない。

ごめん
が言えるようになればいい。

わからない
が言えればなおいい。

したいなら
した人に相談するのがいい。

この文章は、以前、MIXIで掲載しました。

今更ながら、見直したのですが、
着実に実行しているのかな

ドンドン自分が変化していってることは、なんか判る感じがします

USGTF 世界大会 日本代表

「あなたのゴルフスイングには戻るべき基本はありますか?
今のスイングは誰が教えてくれたものですか?
その理論は、正しいと言い切れますか?

アマチュア、プロを問わず、
   強いゴルファーの基本スイングは世界に2つだけ。

1プレーンスイングと2プレーンスイング

この世界標準理論を基に、
あなたに合ったスイングをご理解いただけるまでお伝えさせていただきます。」


強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論
「成功するゴルフシリーズ」
2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一です。






先日、USGTF JAPAN本部より

10月15日〜17日に上海サンアイランドGCにおいて
USGTF 世界大会が開催されます。

その日本代表として出場することが、決まりました

2年に一度の開催で、
世界のUSGTF選抜メンバーが、競い合います

僕としては、
今回の開催での選抜メンバーに選ばれたことを誇りに思っています。

もともと、
競技志向にゴルフをしたく
JGTOツアープレーヤーに資格を取り、
競技に出れるのであれば、時間がある限り出場したいと切に思っております。

しかし、
レッスンでも、アマチュアの方々に、より一層、楽しく実りのあるゴルフをしていただきたいとも思い、
USGTFライセンスを取得しました。

そのUSGTFでの世界大会が開催されるということは、願ったり叶ったりってことです

今年は、数試合、国内の予選会にエントリーをしています。
南都オープン・関西オープン・エリートチャレンジなど

自分のモチベーションを高める上でも、チャレンジしていくことが必要だと思っています。


試合では、
当然、状況に合わせて、
1プレーン・2プレーン・スタック&チルトを打ち分けて、
世界で数少ない、
3種類のスイングを使い分ける人間の存在をアピールしたいと思っています。


ってか
練習しなくちゃ

絶対評価と相対評価

じゅんいちです。

以前mixiでこんな日記を書きました。


「評価」

人に対しての評価とは、人それぞれ違ってきますよね。

その評価は、評価する人によって善悪を決める時もありますね。

こんなこと考えた事ありますか?

自分の行動は、人とは違うんだけど大丈夫なのかなあ?
自分は、世間知らずなのかなあ?
常識ないのかなあ?

って。

実は、それは評価の違いによって変わっていくものなんです。

絶対的評価と相対的評価

相対的評価とは、世間一般的に受け入れることのできること。
例えば、学校教育で教えられる誰でも解り得ること。
間違ったことは、あり得ない。
しかし、応用が利かない。

絶対的評価とは、個人にしかあり得ないもののこと。
例えば、ご飯にマヨネーズをかけて食べる人とか。
他の人は、しないことだがしても問題がない。
おいしいとその人は思えること。

ほとんどの人は、相対的評価を重要にしていることは明らかです。
なぜなら、当然のことであるから。

しかし、ある著名人以上になると、絶対的評価が目立ってくるんです。

普通の人は、予想もつかないような言動をしているのだが、時間の経過とともに受け入れられ、そして、それが名声となる。

あくまで、人とは、嫌われ役は嫌なものである。
YES MANでいた方が、生きていく上で障害は少ないものなのでしょう。

僕は、今まで相対的評価をメインにしていたのですが、
実際には、絶対的評価で考えていたことに気付かされました。

自分ができる人であると言うつもりはありません。

が、自分の可能性を信じていこうと思っています。

評価していただける人がひとりでもいるということは、それも励みにして、僕の訴えていきたいゴルフレッスンを行っていきたいと思っています。

概略構想は、固まりつつあります。
今、もっとしなければいけないことは、人の力も借りるということが必要なんです。
知恵を拝借!

2011/05/20 mixi日記「評価」

この2年余りで、自分の絶対評価の考え方が、確実に構築してきました。

現在の僕は、
レッスンにおいても、
1プレーン・2プレーンを基本に
スタック&チルトも展開しておりますが、
まったくブレません。

だって、
結果が出てしまいましたから。

受講していただいて、
熱心にお伝えしたことを練習されていただいた方の、全員が何らかの成果がでて上達していただいたのですから!

レッスンに関して、評価していただくことが一番であり、
人間的な問題は、関係ないって思うことができるようになりました。

良いものは良い!
悪いものは悪い!

はっきりと意思表示ができるようになったことが、何よりもうれしいです。

フィジカルケア

じゅんいちです。


今回は、僕のフィジカルケアを担当していただいている
ほまれ整骨院
院長 高島茂誉先生を紹介します !!

先生と言っても、高校の時のゴルフ部の後輩にあたります。

彼の魅力的なところは、体育系なところもありながら、
MBAを取得するなど、理にかなったことを行っているところ 音譜

トレーナーとしてだけではなく、色々な雑学を持ち、あらゆるプロスポーツ選手・トップアスリートに支持されています。
彼との出会いは、学生時代の恩師の紹介で知り合ったのですが、

今までの整骨院・マッサージでは、体験できないものばかりが目立ちました 目

スポーツ特有の障害を理解し、また、ゴルフでいえば、
理論を理解した上で、症状を判断し、故障個所を治療してもらい、
いつも、ベストなコンディションにもってきてくれています。

本日は、昨日の反省でラウンド後黙々と練習していたのですが、
腰の回転が大きすぎて違和感を感じ急遽来院させていただきました。

診察のところ
「先輩、ヤバいっすよ・・・」

ケアと共に治療 叫び

まあ、痛いのなんのって あせる

確かに、腰の動きが大げさすぎて、アタックアングルが鈍角になってプル・フックがでだしたところでした・・・

しかし、彼の治療のおかげで今日の自主練習では身体に負担が無い状態で、
5時間も練習してしまいました にひひ

信頼おけるトレーナーって必要ですね ラブラブ!

アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ