確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

独り言

仮説と証明

1プレーンスイングと2プレーンスイング。
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。
その2人がコラボで情報発信するサイト
確信のゴルフ Conviction of Golf
を是非見てください。
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。

-----------------------------------------------------------------------

じゅんいちです。

研究というものは、

仮説を立て
その仮説を証明する手段です。

結果が判っていても
それを証明する為に
仮説を基に
実験などを行う。

実験しなければ
論理的に証明することはできない。

事実は事実である。

しかし
その事実は、
仮説を基に
証明されたひとつの結果である。

理論に於いても
空想や妄想からできた人間のエゴ

未来を望んで
経験から見出す。

人間の潜在能力は
計り知れない。

その潜在能力を引き出させるものは、
仮説が証明させる行動である。

なぜ
実験や研究を怠ろうとするのであろうか。

10人いれば
10通りの研究ができるはず。

100人いれば
100通りの研究ができるはず。

なぜ
人は
協力しあわないのであろうか。

富と名声の為なのか?

辛かったでしょう…でも時間が解決してくれます。

じゅんいちです。

初心者レッスンをご希望された方からこんなお話を聞かせていただきました。

先日
知り合いに誘われて初めてゴルフ場に行ってきました。
練習は打ちっぱなしを3回程度。
そして初めてのラウンド
スコアは186でした。
疲れました。
基礎からお願いします。

とのこと

そりゃ疲れるでしょう。

他にも
友人と友人の友人と3人で食事をしたときのことです。

誘われて行ったゴルフ。
クラブを買って行ったものの、
全く飛ばないのに、
グリーンの近くでは行ったり来たり
160近く叩いて面白くないからもうやっていない。

そりゃそうでしょう。

特に女性の場合
朝早くから
身支度をし
体力的にも大変なのに
カートにも乗れず走ってばっかりで
スコアになるわけがありません。

僕のラウンドレッスンでは
走ることはまずありません。

カートに乗っている時間の方が長い時もあります。

ある程度状況判断し
その人が、
ラウンドを試みても
少しでも余裕が出来るような状態になった上で、ラウンドにお誘いします。

およその目安として
初心者の場合
男性・女性共
120台でラウンドできる状態です。

ある人は
その状況になるまで
いろんな事情がありましたが
3年かかりました。

今年5月の初ラウンドで126
この2ヶ月で110までになりました。

当の本人は
こんなにカートに乗っていいのか
と思っているくらいで、
せっかくコースに来たんだから
いい景色を見ながら歩きたいというまでになっています。

ゴルフは
1日を通して
友人や同僚・関係者とコミニケーションをとる為の1つのツールです。

走っていたら
会話なんてできるわけがありません。

帰りの車の中では
爆睡することもあるでしょう。

まず
ゴルフの楽しさを知ってもらうためには、
基本的なゴルフをある程度理解でき
体を動かすことができるようになれば、
その日のラウンドは、
楽しく仲間と過ごすことができるでしょう。

先ほどのデビュー2ヶ月目で110の人は、僕の予想では、今年中には、平均90台にはなるでしょう。
女性の方ですが、平均90台は、皆さんどう思われますか❓

成功者の言葉

じゅんいちです。


成功者の言葉とは
成功者の言葉

成功者の成功した事実は
成功者にしかできないこと

成功者の経験は
成功者が経験したこと

成功しようとする者は
成功者の助言に耳を傾けることは重要である

しかし
同じことをしたとしても
成功するとは限らない

成功しようとする者は
その者の目標を明確にし
その目標に向けての課題を1段ずつクリアする事が必要で
その課題に対し
経験者からの助言を受けることが1つのヒントになる

成功者からの助言を
成功しようとする者は
その助言を自分のできる範囲で実行する事

背伸びをしても
成功者と同じ環境にはならない。

ただ
自分を変えようと思える者が
成功者になり得る逸材

影があるから
姿がある

灯りがある限り
影はある

影を恐れていては
何も始まらない

判ってはいるのですが。。。
情けない。。。

なんとかなりませんか?

以前
僕のfacebookで投稿をしたことがあります。

巷の
クラブフィッティングの曖昧さに憤慨したことです。

何をもって
クラブフィッティング
なのでしょうか?

僕は
国家資格を取得しています。
第一種普通自動車運転免許
宅地建物取引主任者
二級建築士

もし
自動車で過失事故を起こした時は、検挙されます。
宅地建物取引主任者でも、不動産に関わる法律の違反を犯せば検挙されます。
建築士も、違反建築をすれば検挙されます。

すべて検挙され罰則が与えられます。

ですので
もっと
プロ意識を持って
クラブフィッティングをして頂きたいですね。

僕が投稿する前に
GOLF GARAGE(ゴルフ ギャレーヂ)
店主の日報ノート&独り言 No253

GOLF PIT(ゴルフ ピット)
「スペシャルオーダークラブ」って・・・?

にて
この事を取り上げていました。
読んでみてください。

それと
一度
どこかのフィッティングに行ってみようかな~

標準

この5年間
完全フリーでのゴルフに携わる仕事をしてきました。

そこで
不思議に思うことがあります。

それは
規格が無いことです。

所属先 GOLF GARAGE(ゴルフ ギャレーヂ)
でも
討論するのですが、
クラブに関しても規格が定まっていません。

スイングにしてもどうでしょうか?

雑誌でも
1ページ捲ると全く違った事を掲載していたり

同じコーチでも
全く違った解説をしている。

だから
迷うんです。

僕はこんな質問をします。
「ボールを飛ばすには何が必要ですか?」


ほとんどの人は、
「遠心力」
「ヘッドスピード」

基本は、
「ボールを打つにはゴルフクラブが必要。だから効率よくゴルフクラブを使うためのスイングが必要」
なだけであり
ゴルフクラブを効率よく使えれば、
その人に合った弾道が描けるということ。

解析により
1プレーンスイング
2プレーンスイング

しか
あり得ないのに・・・

ショートゲームであっても
チップ・ピッチが基本であり

パッティングも
解析されているのに・・・

基準を定めませんか?

であれば
もっと
遣り甲斐がある。

できなければ
練習もするし
ラウンドで試す事が出来る。

法律でも
原則があって
例外がある。

でも
仕方ないですね。

科学や物理の知識が無い人が
伝えているのですから。

でも
科学や物理だけでは、ゴルフは上達できません。
なぜなら
人間ですので・・・
機械じゃないので・・・

だから
ゴルフは
面白い!!!

アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ