1プレーンスイングと2プレーンスイング。
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。
その2人がコラボで情報発信するサイト
確信のゴルフ Conviction of Golf
を是非見てください。
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。

-----------------------------------------------------------------------

じゅんいちです。

皆さんは
この時間をご存知ですか?

そう
9ホール
つまりハーフのラウンド目安時間です。

では
なぜ
2時間15分なのでしょうか?

ボク達は知っています。

1ホールのインプレーからホールアウトの時間が平均15分なので
15分×9ホール=135分
だから
2時間15分
なんです。

では
なぜ15分なのでしょうか?

18ホールのトータルヤードを7,000ヤードとしましょう。

9ホールでは
3,500ヤードになりますね。

すべてのホールを
PAR4とすれば
1ホールあたり388.8ヤードになります。

不動産業界での
1分間の歩行距離は80mで換算してます。

4人1組のパーティーが
ティーグランドからピンまで
よ〜いドンで歩き始めると
1ホールの徒歩時間は
388.8×0.9=353.4m
353.4m÷80分= 約4分30秒
になります。

では残り
10分30秒(630秒)以内で
ショットを行うことになります。
1人のショットの持ち時間は157.5秒です。
パー(4打)でホールアウトすると
ワンストロークにかけれる時間は
39.375秒

ダブルボギーであれば
26.25秒

しかありません。

つまり
自分のショットにかけれる時間は約30秒しかないのです。

でも
30秒しか無いのではなく
30秒も有るんですよ!

ボクは
自分の打順になってから平均で20秒でショットを終えています。

10秒も徳をしています。

30秒って短いと思われがちですが、
意外と長いんですよ。

練習場で計ってみてください。
ボールを置き
素振りを1回して
目標を定め
アドレスに入り
スイングをします。

30秒以内であれば
全く問題がありません。

もし
30秒を超えていると何かに時間をかけ過ぎていることになります。

素振りが2回以上であるか
目標を定めるのが遅いか
アドレスで考え過ぎているか
テークバックまで固まっているか
またはワッグルが多過ぎるか

コースでは
あと3点程
追加動作が入るハズです。
残り距離
ボールのライ・傾斜
風向き

こうなれば
30秒の持ち時間が足りない⁉︎

そんなことはないのです。

例えば
セカンドショットとします。

カートから降りた後に
自分のクラブを2〜3本を持ち
自分のボールの位置まで行きます。
セカンドオナーの方がショットを終えるまで30秒
次の方が30秒
ではないんです。
なんと
60秒も有るんです。
セカンドオナーの方が30秒の持ち時間を使っている間に
自分のボールの位置で
残り距離、ライや傾斜、風向きなどを決めることができているハズです。

自分の打順になる時は
すべてを把握しているハズなので
あとは
素振りをして
目標を定め
アドレスに入り
スイングするだけ

3人目の方、4人目の方は、
なお一層時間を短縮できているハズ

セカンドオナーの方のボールの行き先は、3人目、4人目の方が見てくれているのです。
全員が
全員のボールの行方を見る必要はなく
全員がナイスオンってその時に言う必要はないのです。

自分のショットをすれば
邪魔にならない限り
グリーンに移動して行くとスムーズに進行するのです。

自走式カートの運転も
運転免許証を持っている人で
グリーンに一番近くに運んだ人が運転をすれば良いのです。

打数が多くなってしまう時は
アマチュアであればよくあること。

であれば
全員が協力し合い
打数が多くなってしまっている方への時間を考慮して
他の方が時間を短縮すればいいことだけではないでしょうか?
全員で630秒であればいいことです。

また
打数が多くなってしまっている方であっても、マイペースで進行するのではなく、また、ホールアウトを絶対にしなければならないのではなく、プライベートラウンドでは、ギブアップするという選択をしても良いのではないでしょうか?

試合でも
全員がパープレーであれば
72×4×30=8,640秒(144分)
(7,000×0.9)÷80=78.75分
144+78.75=222.75分(3.7125時間)
しかかからないのです。

実際には
40秒の持ち時間があります(オナーには50秒)
ですから
11,520秒(192分)
192+78.25=270.25分(4.5時間)
となるのです。
この時間は、フルバックティーからで徒歩にての計算ですから、
カート乗車・レギュラーティーやフロントティーの場合は、
もっと早くなるということです。

2時間15分でラウンドするのであれば
レベルにあったティーグランドを選ぶ必要がありますし
正しい練習方法をすればストロークも縮まります。

ホールとホールのジョイントの時間にしても
カート乗車であるので問題ないはず。

要領良く
ラウンドする方法を見つけてみてはいかがでしょうか?

あくまでも
参考ですが・・・