「自分のスイングの基本をマスターしたい」
というゴルファーはこのDVDで決定!
日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD
「成功するゴルフシリーズ」
徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

1プレーンスイングと2プレーンスイング。
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。
その2人がコラボで情報発信するサイト
確信のゴルフ Conviction of Golf
を是非見てください。
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。



シリーズ第六回は2プレーンスイングのダウンスイングです。

2プレーン・スイング  ダウンスイング 
やるべきことやってはいけないこと
ダウンスイングのスタートで肩は出来る限り主導的には動かさないように。肩は大きな回転をさせないこと、また傾けないこと。(右肩を下げ左肩を上げるといった動きをしない。)腰の動きと連動せずに肩だけを回さないこと。肩の回転は腕と上体の回転と同時でなければならない。肩が他の回転をリードするのではない。
腕は2プレーンダウンスイングのモーター(原動力)である。腕はすぐに肩から離れて(肩と腕の角度と距離が大きくなり)、クラブヘッドをほとんど垂直下方へ引き下ろす。                               腕は常にスイングを先導する。腕は受動的になってはいけない。
左腰が左へ平行にシフトしながらダウンスイングが始まる。腕が下に向かってスイングを始めると、右腰が外側に回転し始めて左腰が左へ回転を始める。クラブをプレーンよりやや急傾斜に下ろすために、この腰の平行運動は腕の下方への引き下ろしと同時でなければならない。腰を早く回しすぎてはいけない。腰の回転は腕の引き下ろしより早くなる傾向にあるが、その動きでは腕とクラブがオーバー・ザ・トップになってしまう。(腕とクラブが高く遠い位置からボールに向かって急角度で下りてくる。)
背骨の角度背骨はアドレスやバックスイングの時と同じく少し前傾する。正面から見ると背骨はプレーヤーの右へやや傾いている。ダウンスイングで前傾をきつくしないこと。(腰から曲げすぎない)この動作はスイングアークを狭くし、しっかりとしたボールコンタクトが得られない。多くはダフリショットとなる。
ウエイト配分ダウンスイングは、腰が水平回転を始める直前に、ターゲットに向かってわずかに平行にスライドする動作から始まる。これはバックスイングからダウンスイングに切り替えるときのわずかなバランス調整の役割を果たしている。インパクトに向かってダウンスイングするとき、体重の約60%は左足にかかっている。左へ体重をシフトしすぎないこと。2プレーンダウンスイングでは比較的左への体重移動が大きいが、それでも移動するのは全体重の約20%である。体重は左(前)足の上または外にまで移動してはならない。
クラブクラブは腕で垂直に引き下ろされる。他と関係なく腕が動いてはいけない。一つの例外は、ダウンスイングを始めるとき手首をわずかにアンコックする動作で、これによりスイングアークは広くなり体のターンが大きくなってパワーが加わる。クラブをインパクト(ボール)に向かって引き下ろそうと操作してはいけない。2プレーンダウンスイングのキーになる動きのタイミングを信じれば、クラブヘッドは常に正しいプレーンでダウンスイングからインパクトを通る。

画像でご覧になりたい方は
こちらへ
JUN GOLF&LIFE ACADEMY

掲載内容はすべて、
2005年 Jim Hardyの著書「The Plane Truth for Golfers by Jim Hardy, 2005 the McGraw-Hill companies」より抜粋したものです。