確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

2016年01月

BETTINARDIパターフェア By GOLF GARAGE 2016

じゅんいちです。

今年も
僕の所属先
GOLF GARAGE(ゴルフ ギャレーヂ) 
では、 

平成28年1月30日〜2月12日まで 
BETTINARDI(ベティナルディー) 
パターフェアを開催しております。 

2015-02-20-18-23-28 

2016年モデルはもちろん、 
すべての種類のパターにおいて 
チョイス・ライ角・ロフト角・長さ・グリップ・パターカバーを 
カスタムフィッティングにて 
販売しております。 

皆さま 
どうぞお越しください。 

仮説と証明

1プレーンスイングと2プレーンスイング。
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。
その2人がコラボで情報発信するサイト
確信のゴルフ Conviction of Golf
を是非見てください。
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。

-----------------------------------------------------------------------

じゅんいちです。

研究というものは、

仮説を立て
その仮説を証明する手段です。

結果が判っていても
それを証明する為に
仮説を基に
実験などを行う。

実験しなければ
論理的に証明することはできない。

事実は事実である。

しかし
その事実は、
仮説を基に
証明されたひとつの結果である。

理論に於いても
空想や妄想からできた人間のエゴ

未来を望んで
経験から見出す。

人間の潜在能力は
計り知れない。

その潜在能力を引き出させるものは、
仮説が証明させる行動である。

なぜ
実験や研究を怠ろうとするのであろうか。

10人いれば
10通りの研究ができるはず。

100人いれば
100通りの研究ができるはず。

なぜ
人は
協力しあわないのであろうか。

富と名声の為なのか?

SONARTEC TD Titanium FW TOUR14

じゅんいちです。

このたびも
ロイヤルコレクション
小山社長のご好意により

SONARTEC TD Titanium FW TOUR14 3W
を使用させていただくことになりました。


前回の
ロイヤルコレクション SFD X7 Titanium FW 3W
は、ボールを拾うことにおいては
申し分のないヘッドでした。

シャローバックでシャローフェースによる
高弾道を実現して
よほどのライでない限り
ボールを上げることができました。

3Wでボールが上がらないとお悩みの方には、最高だと思います。

SFDの特性を兼ね備え
より中弾道を目指す為

今回の変更となりました。

SFDでの高弾道は、ロングホールのセカンドショットで2オンをさせる為の安心感がありました。
しかし
ティーショットでは、風の影響を気にすることがありました。


今回の
SONARTEC TDでは
スピン量にこだわりました。

その結果
打ち出し角はそのままで
前回に比べ
SKYTRAKでの計測で
平均500rpmのバックスピン量の減少に成功しました。

以前、使っていた
T社のRBZの飛距離を上回ることが実現しました。
また、RBZでは操作性に難点が僕にはあったのですが、
ドローやフェードといった弾道が容易くなったのです。

ティーショットでは
低いフェード
セカンドショットでは
中弾道のドロー

先日から
ラウンドでのテストを行っているのですが

驚かされたのは
ティーショットでもセカンドショットでも
フェードでもドローでも約10yの飛距離が伸びました。

圧巻だったのが
約245y
約 3yの打ち下ろし
11時からのアゲンストの風

僕としては
12月という季節で
この風なら行ってもグリーンエッジかな?
と思いながら
ドローで花道狙い

インパクトでの
弾道の感触ではイメージ通りのドロー

これで風に押されてスライスしながらエッジだなって思っていると
ボールは落ちてきません。
「おいおいっ」
風の影響を全く受けずにドローのまま
グリーン左のバンカーに直撃
実際には
その奥に練習グリーンがあり
「ヤバい‼︎打ち込んだか⁉︎」
っと思うくらいの弾道でした。

また
後日のラウンドでは
ティーショットで使用し
いつもはコーナーまで行かさないように打っているのですが
同じようにスイングしたつもりが、
フェアウェイを突き抜けあわやOBギリギリ

シャフトは
前回と同じく
MITSUBISHI FUBUKI K 60X 

ということは
確実にヘッドであることは間違いないです。

今年のハイシーズンが楽しみになってきました。

この分では
TD FORGED DRIVERは
とんでもない弾道になるのでは⁉︎
っと思います。

ピアゴルフガーデンでの試打テストでは、確かに強弾道を実感しました。

しかし
SFDのドライバーが気に入っているので、
僕の生命線の3wを先に突き詰めようとおもいました。

それでは
今回の詳細スペックは 
下記のとおりです。 

ヘッド  ロイヤルコレクション SONARTEC TD Titanium FW TOUR14
リアルロフト 15.0°
シャフト 三菱レイヨン FUBIKI Kシリーズ 60-X スパイン調整済 
長さ 43.0インチ 
総重量 330.5g 
バランス D3.2

緊急企画 『僕のお値段はいくらでしょうか?』

じゅんいちです。

ちょっと面白い企画を考えました。

レッスンフィーって
皆さんはどれくらいのご予算をお考えでしょうか?

物品販売等では
原価があり
それに対しての売価が設定できます。

しかし
知識を売り物にしている職業には、
値段を決めることが難しいと思いませんか?

僕たちも
知識を売っている職業のひとつです。

必要な情報を的確にお伝えし
スキルを上げて頂く事が僕たちの仕事です。

っということで

「僕のお値段はいくらでしょうか?」

というレッスン企画を開催いたします。

要するに
レッスンを受けて頂いた方が
そのレッスンに対して
どのくらいの価値があったのかを
考えていただく企画です。

時間(開始後60分以内)・レッスン内容にて
ご自身が妥当だと思われた金額で結構です。

当然
無意味だったとすれば
1円もお支払いいただくても結構です。

但し
施設利用・ボール代は個人負担でお願いいたします。

当日は
既存の受講されていらっしゃる方でも大丈夫です。

是非
ご応募ください。

なお
先着12名までとさせていただきます。

日程及び場所は
平成28年1月11日(月 祝日)
光ゴルフ練習場
開催時間 10時(受付開始)~20時(受付終了)
ホームページよりご予約ください。

ご予約の際
ご氏名・連絡先・メールアドレスを必ずご入力ください。
返信メールにて受付完了とさせていただきます。

新年のご挨拶

じゅんいちです。


あけましておめでとうございます。

新年早々
面白いことを考えました。

そのことについて
いろいろと
準備をしていこうと思います。

何故か
ワクワクしています。

今年1年も
飛躍したいと思っています。

よろしくお願いします‼️


アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ