確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

2013年10月

USGTF世界大会参加してきました!

10月13日から18日まで
中国の上海郊外(200kmくらいあったと思いますが・・・)
の上海サンアイランドゴルフ&リゾートで
USGTF 世界大会が開催され日本代表として行ってきました

初めての中国ということがありちょっと不安な気持ちになりながら
いざ関西国際空港へ

上本町から空港バス
DSC_0381

DSC_0382

午後のフライトだったので
とりあえず、お寿司でお腹を満たし
DSC_0383


ウイスキーのロック
DSC_0384


さすがに中国行きのANA
パンダの塗装の機体に
DSC_0386


約2時間のフライトで
上海浦東国際空港に到着

タクシーで飛ばす(怖かった・・・)こと1時間30分
ホテルに到着

元同僚の城所君と同じ部屋にチェックイン

明日の練習ラウンドに向けてJAPANのメンバーと打ち合わせの後、
就寝

さて、練習ラウンドです
DSC_0388


DSC_0389


風も思ったほど強くなく、思ったほどコースの難易度も難しくないと感じたんですが、
グリーンの芝目が入り組んでいるので入念にチェックしました

さて、
オープニングセレモニーの開始です
DSC_0391
DSC_0394
DSC_0393
DSC_0395


食事も美味しく楽しみました

大会初日、
試合ということで気合いを入れて何時スタート

おい
ショットガン・スタート
ついでに、昨日と打って変って、風の方向は違うは、強風やわ

まあ、スタック&チルトでスティンガーショットを打っていけば良いと思っていて、
練習もほとんどスティンガーをメインにしていたので問題なし

で・・・
何番ホールスタート

9番スタート
ショートホールやないか
ティーグランドに立つと昨日と逆の風
なんとアゲンスト
練習ラウンドでは、6番か7番かのアイアンでよかったのに、
朝からロングアイアンかい

僕が3番目に打つことに

オナーと2番目の中国メンバーが、
グリーン手前の池と左に大ショート
で、僕は4番アイアンでスティンガー
ナイスショットでグリーンオン

でも・・・
他のメンバーが・・・

途中6ホールまでボクは+1
他のメンバーは、数えれない

7番目のホール248yのショートホール
右からのアゲンストでドライバーを持っても届くのか
の強風の中、5Wで花道狙い
右も左も池と川
右の川に向けてイケー
なんとか、左の池の横に

ここでちょっとしたアクシデント
朝もらっていたピンシートのピンの位置と違う
そういえば、全部違うやん・・・
でもって、キャディーさんがライン教えてくれへんやん・・・

中国チームにはメッチャ教えてるのに、
完全アウェー状態に突入

そこでダボを叩き+4・・・
次のホールも今度は風が右からアゲンストなのにセカンドを打った瞬間、右へ
川に入り、なんとかグリーンオンさせて7mをねじ込んでボギーの
トータル+5

でもおかしい
明らかにおかしい

ぼくも、落ち着こうと思いましたが、もう止められません・・・
完全にハマってしまってしまいました・・・・

アウェーの空気が漂っている

もうどうにもなりません

戻ってからリーダーや会長に伝えると、
同じことを・・・・
リーダーから
「フレンドリーカップということでいきましょう

切り替えました

初日は、JAPANの北川君がトップ
このアウェーの中 77でラウンドしてきました

2日目も3日目も僕だけ同じ9番ショートホールスタート

でも
「まあいいっかァー
みんなと楽しく廻れたら

ラウンド終了後
噂のヒッコリーシャフトのクラブで出場のマイクと
DSC_0403


そして、
表彰式
765e6ed0.jpg



3日目に僕とラウンドし僕よりもスコアが悪かったメンバーが、
3日目の午後に開催された中国杯の優勝
-1(70)でラウンド

そして世界大会の優勝は、わがJAPANの北川君が逃げ切り優勝
DSC_0413
DSC_0417
DSC_0419


北川君おめでとう

でも、この女の子可愛かった

最後に
USGTF本部会長 Geoff Bryantと
abc63c22.jpg



吉川師の弟子と伝えるとよろしくとのこと

僕の感想としては、
フレンドリーカップとして考えると楽しく3日間を過ごせたと思います
ただ、それだけです。

JAPANチームのみんなお疲れ様でした
Taikai01

右から3番目が僕です

翌日は、午後イチのフライト
朝タクシーに乗り込み
行きは1.5時間かかったのに
帰りは約1時間
180kmは出てたと思います・・・

16時前に関空から自宅へ
DSC_0422


18時に帰宅し
ソッコー自宅前の割烹居酒屋で
DSC_0423


JGTOのQTが如何にフェアプレイなのかよくわかりました

良い経験をさせていただいたと思います。
応援していただいた方々に感謝いたします

慣性モーメント 2プレーン編

「あなたのゴルフスイングには戻るべき基本はありますか?
今のスイングは誰が教えてくれたものですか?
その理論は、正しいと言い切れますか?

アマチュア、プロを問わず、
   強いゴルファーの基本スイングは世界に2つだけ。

1プレーンスイングと2プレーンスイング

この世界標準理論を基に、
あなたに合ったスイングをご理解いただけるまでお伝えさせていただきます。」


強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論
「成功するゴルフシリーズ」
2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一です。

吉川と森本のコンセプトが詰まったHP
確信のゴルフ Conviction of Golf


じゅんいちです。

ちょっと頭を使う話です。

慣性モーメントってご存知ですか

ゴルフにも当然、慣性モーメントが発生します。
1.シャフト回りのクラブヘッドの慣性モーメント
2.体の回転軸周りの腕・クラブの慣性モーメント
3.上半身の慣性モーメント
4.下半身の慣性モーメント

どれ一つとっても大事なことです。

この4つの慣性モーメントが、ボールを真っ直ぐにより遠くに飛ばすために必要なんです。

この慣性モーメントが小さければ小さいほど、回転しやすいということでもあります。

では、
1つずつ解説していきましょう
っと言いましたが、実に文章が長くなってしまうのですが、
ここでは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
における慣性モーメントの解説をしたいと思います。

スイングプレーンとして、
慣性モーメントが、小さいスイングはどちらでしょうか

正解は、2プレーンスイングです。
クラブを腕を主体にし上下運動によりスイングしているので、
円運動からすると水平投射面積は、小さくなるということです。
ということは、素早くスイングできるということで、飛距離がでるということです。

この慣性モーメントに体(上半身と下半身)が追いていかなければ、
当然にボールは曲がるということです。

では、
上半身と下半身のどちらが慣性モーメントが小さいでしょうか
または、どちらが水平投射面積が小さいでしょうか
正解は、下半身です。

なぜなら足首ならめっちゃ面積が小さいということですし、骨盤も同じことです。

ということは、
下半身は、そんなに動かさなくても素早く回転できるということです。

ちょっと話が逸れますが・・・
男性と女性では、骨盤の大きさは絶対に女性の方が大きいはずですよね。
ということは、
女性の下半身の慣性モーメントは、男性に比べて大きくなってしまうということでもあります。

話は戻りますが・・・
上半身は、慣性モーメントが大きい為に早く回転させる必要があります。
しかしながら、上半身の回転を速くするにも限界があります。
そのため、
2プレーンスイングでは、ダウンスイングの始まりで、腰をちょっとだけターゲット方向にスライドすることにより、
上半身の回転を下半身の回転に追い着かせることが必要なのです。

では、下半身≒スタンス
を広くしたら良いじゃないか
と思われるでしょうが、
スタンスが肩より広くなってしまうと
結果的に下半身の慣性モーメントが、今度は、上半身≒肩より大きくなってしまうため
回転するスピードが落ちてしまいます。

あくまでも、下半身と上半身の回転始めのタイミングと速度は、等しくなければダメだということです。

そのため、
2プレーンスイングでのスタンス幅は、
基準として、
肩幅≒足の外側部
であるということです。
ただし、あくまでも基準ですよ

2プレーンスイングの人に、
腰を切れまたは廻せというアドバイスをしてしまうと、
必ずボールは曲がり、腰により負担をかけてしまうということです


では、
1プレーンスイングでは、どのような慣性モーメントを必要とするのか

それは、次回に




劇的な変化 2プレーン編 PART 2

「あなたのゴルフスイングには戻るべき基本はありますか?
今のスイングは誰が教えてくれたものですか?
その理論は、正しいと言い切れますか?

アマチュア、プロを問わず、
   強いゴルファーの基本スイングは世界に2つだけ。

1プレーンスイングと2プレーンスイング

この世界標準理論を基に、
あなたに合ったスイングをご理解いただけるまでお伝えさせていただきます。」


強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論
「成功するゴルフシリーズ」
2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一です。

吉川と森本のコンセプトが詰まったHP
確信のゴルフ Conviction of Golf


9月よりロブゴルフプラザにてレッスンを受講していただいておられますOさん

この1カ月でのスイングの変化です。
フェードを持ち球にしていらっしゃいます。

まだ4回目なのですが

アドレス

before
603df9f2.jpg



少しスパイン(背骨)が曲がっていたのですが、
ちょっと椅子に座るようなイメージを持っていただきました。

after
fac008ee.jpg



バックスイング

before
c41c68b7.jpg



フェースがスパインと同じ角度になってしまっていました。
それをスクエアに修正しました

after
22eb5dd2.jpg



トップ・オブ・スイング

before
b33cd8fa.jpg



少しグリップの位置が高く、ややレイドオフ気味でした。
右わきを締めようとしてしてしまっていて、胸が廻っていません

フライングエルボーにしていただきました

after
e4088d50.jpg



ダウンスイング

before
23c9e534.jpg



トップが高かった事とレイドオフ気味だったため、
OUTサイドからのダウンスイング

フライングエルボーに少しクロス気味にしたおかげで、仮想スイングプレーンにほぼオンプレーン

after
b6c44e38.jpg



インパクト

before
0ab19a11.jpg



以前に比べ
かなりソリッド・コンタクトができています

after
f4590f01.jpg



フォロー

before
53a5699c.jpg



完全にOUTサイドINの軌道になってしまっていて、
プル・スライス

それを、ダウンスイングでのクラブの動きが良くなったおかげで
ヘッドがほぼプレーンに乗ってきています

after
55b34098.jpg




今まで、150yを7番でショットしていたところが、
170yは行ってます

あと、インパクトの音が全然違います。
卓球をされていることも助かり、アタックアングルが良いことが判ります。

ご本人は、まだ狐に摘まれた状態

ラウンドでも、パーオン率が劇的に変わったとのこと

後は、全クラブを2プレーン用に変更するだけですね

フィッティングも任せてください


新人スタッフのご紹介

「あなたのゴルフスイングには戻るべき基本はありますか?
今のスイングは誰が教えてくれたものですか?
その理論は、正しいと言い切れますか?

アマチュア、プロを問わず、
   強いゴルファーの基本スイングは世界に2つだけ。

1プレーンスイングと2プレーンスイング

この世界標準理論を基に、
あなたに合ったスイングをご理解いただけるまでお伝えさせていただきます。」


強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論
「成功するゴルフシリーズ」
2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一です。

吉川と森本のコンセプトが詰まったHP
確信のゴルフ Conviction of Golf




10月より
今まで、ピアゴルフガーデンにて
僕のアシスタントをしてくれていた
金原 光宏君が
毎週火曜日・金曜日に

初心者・中級者を対象にした。
レッスンを開始することになりました。

レッスンフィーは、
初心者レッスン ¥10,000/4回(2か月有効)
          スポットレッスン ¥3,000/回
通常レッスン  ¥12,000/4回(2か月有効)
          スポットレッスン ¥4,000/回

です。

みなさま、よろしくお願いいたします

毎週木曜日は、僕のアシスタントをしてくれます

より充実したレッスンを展開したいと思います

イベントレッスンのお知らせ 現況報告 PART2

「あなたのゴルフスイングには戻るべき基本はありますか?
今のスイングは誰が教えてくれたものですか?
その理論は、正しいと言い切れますか?

アマチュア、プロを問わず、
   強いゴルファーの基本スイングは世界に2つだけ。

1プレーンスイングと2プレーンスイング

この世界標準理論を基に、
あなたに合ったスイングをご理解いただけるまでお伝えさせていただきます。」


強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論
「成功するゴルフシリーズ」
2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一です。

吉川と森本のコンセプトが詰まったHP
確信のゴルフ Conviction of Golf


皆様お世話になります。

定員まであとわずか


初心者の方、

コースデビュー間近の方


大歓迎なので
奮ってご参加ください。

担当コーチ: 吉川恭司、森本淳一、法邑容子、金原光宏

開催場所:午前 アコーディアゴルフガーデン(千葉県香取郡多古町出沼664-6)
       午後 ダイナミックゴルフ成田 (千葉県香取郡多古町飯笹1040-1)

日   時:平成25年10月5日(土)

集合時間:9時30分(アコーディアゴルフガーデン)

募集定員:12名

参加費用:10,000円(レッスンフィー+施設使用料+ボール代150球分込)  飲食費等別途
(通常レッスンの場合 レッスンフィー+施設使用料+ボール代=26,250円 飲食費等別途)

参加費用は、3日前を超えましたので当日徴収いたします。



レッスン内容:
9:30~10:40ミーティング+ショートゲーム(ピッチ・チップショット)
10:40~11:30バンカーショット
11:30~12:30パッティング
(但し施設利用状況により順序が変わることがあります。)
12:30~13:45 移動+ランチ
13:45~14:45ロングゲーム(スイングチェック)
14:45~16:00スイング解析+座学(Q&A)
16:00~17:30ロングゲーム(スイング修正)
17:30~18:00ラップアップ、終了

参加希望の方は、
確信のゴルフ」のお問い合わせフォームまたは、
info@kakushin-golf.jp
まで
ご氏名、連絡先(携帯電話番号)、参加人数をご記入の上、お申込みください。

後ほど、確信のゴルフよりご返信させていただきます。

なお、募集定員になり次第締め切らせていただきます。



それでは、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

確信のゴルフ
吉川恭司
森本淳一
アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ