強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論DVD 「成功するゴルフシリーズ」。 徳島が誇る名門コース Jクラシックゴルフクラブ で撮影。 

2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。




吉川です。

現在の設計のクラブを最も効率よく働かせボールを最も効率よく飛ばすためには、スクエアヒッティングするスイングが必要だと説明しました。
スクエアヒッティングという「結果」を生むためには正しいダウンスイングという「原因」を作らなくてはいけません。しかしダウンスイングもバックスイングという「原因」の「結果」生まれるものです。

では正しいバックスイングという「原因」を作るために何をすればいいのか。

最も大切な要因はグリップです。以前に「効率のいいグリップ1」でフィンガーグリップを説明しました。また、成功するゴルフDVDの中でもフィンガーグリップについて説明しています。

どんなトーナメントプレーヤーに聞いても「グリップはゆるく握っている」と答えています。あるUSPGAのトッププロは「もしトップオブスイングで止めたとして誰かがシャフトを引っ張ると、手からクラブが抜けてしまうほどゆるく握っている」と言っています。

これほどグリッププレッシャーを下げられるのはクラブをフィンガーで「引っ掛ける」グリップをしているからです。決して手のひらでクラブは握っていません。

 1プレーンスイングと2プレーンスイングでグリップはそれぞれストロング~ニュートラル、とニュ-トラル~ウイークとなりますがフィンガーグリップであるのは共通しています。そして左手(レフティーの場合は右手)の甲は手首が折れずに平らでクラブヘッドのスイングプレーンとほぼ平行です。(以下の写真参照)

15dce1eb.jpg



フィンガーグリップにするとバックスイングでクラブを操作することが難しくなり、左手(レフティーの場合は右手)の甲は自然とスイングプレーンと平行になるという利点があります。前手の甲の向きはクラブフェースの向きに対応しているためスイングトップの位置での手の甲は重要なチェックポイントとなります。添付の写真を参考にして自分のスイングをチェックしてみて下さい。

 ポイントをまとめると、
・グリップはフィンガーで引掛ける意識。手のひらで握らない。
・トップオブスイングの位置で手首は手の甲側に折れていない。
・手の甲は平らでスイングプレーンとほぼ平行。
ということになります。

 この位置ができればスクエアヒッティングの準備ができたことになります。ほとんどのアマチュアプレーヤーは手首が手の甲側に折れて手のひらの面がスイングプレーンから大きく外れています。ダウンスイングのスタートが正しくないポジションから始まってしまうと正しいインパクトは期待できませんね。機会があれば自分のスイングを後方から撮影してもらい、この位置関係を確認してみて下さい。

 正しいトップオブスイングの形が分かりました。いよいよダウンスイングに移ります。