強いゴルファーになりたい、自分のスイングを確立したいゴルファーはこのDVDで決定!日本在住のUSGTF(全米ゴルフティーチング連盟)所属マスターコーチが日本語で解説したスイング理論成功するゴルフシリーズ 。2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。



吉川です。

 ゴルフスイングという動きは、時に本人の意に反しておかしなことが起こる全く厄介なものです。素振りはシングル並みなのにボールを置くと全く別人のようなスイングになる人。クラブを早く振ろうと思えば思うほどハエが停まれるようなゆっくりしたスイングになってしまう人。様々です。前回明らかになったことは、クラブはできるだけ体の近くで振った方がボールに与えるエネルギーは大きくなる、つまりボールはよく飛ぶということでした。

 下の図を見てください。スイングを上から見下ろした時のクラブの動きです。赤い線はグリップの軌跡です。実はこれは模型を使ってグリップとクラブの動きをシミュレーションし、連続したアニメーションとして表したものです。
赤い線上のグリップとクラブは何も拘束されていません。ただシャフトエンドを一点で自由回転できるようにし、その点を赤い円上に動かしただけです。ブラブラの状態でシャフトエンドを円起動に沿って引っ張ると、クラブははじめただ引っ張られているだけですがあるところまで来ると突然外へ放り出されます。(リリースポイント)ただし条件は「グリップを円運動させる」ことです。実際グリップを強く握ってクラブヘッドを走らせようとするとかえって振り遅れが起きます。DVDのダウンスイングのところで「クラブは操作しないように」と強調しているのはこういうクラブとスイングの関係があるからです。

 よく見るとリリースポイントまではクラブはシャフト方向に引っ張られていて風を切っていませんから音は出ません。リリースポイントを過ぎるとシャフトは外に投げ出され風を切って「ビュッ」という音が出ます。スイング後半でビュッという音が出るように、という指導はこういうことから正しいことが分かります。

 


 また、ダウンスイングの始動からハーフウェイダウン位まではクラブをシャフト方向に引っ張るので慣性モーメントが小さく感じられクラブが軽く動きます。ですからダウンスイングはリラックスして静かに始動できるのです。この動作を可能にするために大切なことはグリップの握り方です。DVDで「グリップは指で握る」ことを進めていますが、ダウンスイングではクラブのグリップが(右打ちの場合)左指に「引っかかって」引き下ろされる感じになります。決して握って振り下ろすダウンスイングではありません。一度このクラブがはじかれたように外に放り出される感覚を味わってみてください。

 次回は飛距離を大きくする要素の「力積」について説明します。