確信のゴルフ (Conviction Of Golf)

確信のゴルフでは、10年以上に亘るティーチングの経験の中から、 "確信"をもって皆さんに伝えできることを、"信念"をもって発信していきます。 確信を持てる事それは事実に基づく内容であり、客観的に証明できる内容です。 その中にはもちろんスイング理論があり、ギアの解説やフィジカルおよびメンタルの強化のための内容も含んでいます。 また、実戦ですぐに使える現場の技術や、ドリルもできるだけたくさんお伝えします。 ここでは見聞きしたことをそのまま伝えることはせず、実際にボールを打ったり体を動かしてみてその内容に自信が持てるものだけを皆さんにお伝えします。 もちろん実績があり客観的な検証で正しいことが証明されれば進んで紹介していく予定です。

確信のゴルフのスイングコンセプトは、
1プレーンスイング
2プレーンスイング
という、世界中でスイングのベースとなっているスイングカテゴリーです。

これらのスイングカテゴリーは実際のスイング分析の結果から分類され整理されたもので、理論ではなく事実から導き出された分析の結果です。
この2種類のスイングカテゴリーをベースに皆さんのスイングを分析することで、問題点を洗い出し修正方法を見つけスイングを矯正する、というプロセスが提案できます。

確信のゴルフのティーチングでは常に、正しい結果を生じさせる正しい原因をコーチします。
クラブがボールを飛ばすプロセスは力学の法則に厳密に従っています。
確信のゴルフでは、いかに効率よくクラブがボールにエネルギーを伝えられるかをスイングという動きでコーチします。

確信のゴルフのティーチングで一段上の次元のゴルフを手にれてください。

確信のゴルフでは

このたびは
吉川のGolf It Nowと
森本のjun golf academyの
ブログを統合することになりました。

Golf It Nowでは
ゴルフの様々な論理的説明を中心に投稿しておりました。

jungolfでは
現場で起こった事例などを中心に投稿しておりました。

新たな展開と致しまして
吉川と森本の掛け合いを交えながら

より
皆さまにお伝えし易い
投稿をさせていただきたいと思います。

今後とも
よろしくお願い申し上げます。



確信のゴルフ
吉川恭司
森本淳一


感覚や感性

1プレーンスイングと2プレーンスイング。 
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。 
吉川恭司プロ森本淳一プロです。 
その2人がコラボで情報発信するサイト 
確信のゴルフ Conviction of Golf 
を是非見てください。 
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。 

----------------------------------------------------------------------- 

じゅんいちです。

感覚や感性とは
個々に持っている絶対的なものだと思います。

ということは、

ゴルフにおいても、
同じ感覚や感性でスイングをするためには
自分にあったクラブを探すしかないでしょう。

ゴルフクラブとは
ヘッド(重量、重心位置、ライ角、ロフト角など)
シャフト(重量、フレックス、スパイン、重心位置など)
クリップ(重量、太さ、テーパーなど)
の3パーツに分かれていて
全てが満足しなければいけません。

例えば
ご自分のクルマのシートポジションは、
ほぼ毎回一緒だと思います。

でも
他の車を運転する時に
ぎこちなく思うはずです。
疲れるはずです。

ゴルフクラブでも同じこと。
自分にあったテイストにすることが上達の早道でしょう。

松山プロが
ドライバーのヘッドや
シャフトの種類を替えないのは
個体差はあっても
そのクラブのパーツそれぞれが
1番自分に合っているからです。

僕の場合
パター以外のクラブは、
現在
ロイヤルコレクション社からご好意により使用させていただいておりますが、
クラブチューニングに関しては、
ゴルフギャレーヂ創業以来
一貫に管理していただいております。
(ちなみに管理番号はNo.0002です。0001は誰でしょう ) 

クラブが変わったとして
フィーリングは全く変わっていません。
また、
ロイヤルコレクション製のヘッドのクオリティーが高く、整っているので
チューニングが速やかに完結します。

ちやみに
僕でさえ
0.5グラムの違いを感覚がわかっているので、
その0.5グラムの感覚を
ゴルフギャレーヂ並びにお弟子さんすべてが具現化され、
大手メーカーでは到底不可能な
細やかな部分まで対応していただいております。

より良いクラブをとお考えであれば
まずは、
自分に合ったクラブを吟味して、
組み立て、
ひとつのベースを作り、
そのベースからカスタマイズしていくと、
ご自分の感覚を間違った方向に向けてしまうことはないでしょう。

もう一度
ご自分の感覚や感性に合ったクラブを
見直してみませんか?

では
お節介かもしれませんが
ご紹介させて頂きます。

クリックするとジャンプします。

GOLF GARAGE(ゴルフ ギャレーヂ) 大阪市北区
HONEST(オネスト) 大阪府枚方市
TOMMY GOLF FACTORY(トミー ゴルフ ファクトリー) 京都府木津川市
erement golf(エレメント ゴルフ) 愛知県日進市
GOLF PIT(ゴルフ ピット) 大阪市阿倍野区
PiA Golf Garden(ピア ゴルフ ガーデン) 三重県伊賀市
Golf‐labo(ゴルフ ラボ) 大阪府堺市北区
BRANCH POINT(ブランチ ポイント) 岡山県倉敷市
R&M GOLF(アール&エム ゴルフ) 大阪府東大阪市
Good Shot(グッド ショット) 大阪市中央区

ご興味がございましたら
お電話等にて
「森本のブログを見た」
と来店希望時にお伝えの上
ご来店くだされば
よりスムーズに対応して頂けると思います。

BETTINARDIパターフェア By GOLF GARAGE 2016

じゅんいちです。

今年も
僕の所属先
GOLF GARAGE(ゴルフ ギャレーヂ) 
では、 

平成28年1月30日〜2月12日まで 
BETTINARDI(ベティナルディー) 
パターフェアを開催しております。 

2015-02-20-18-23-28 

2016年モデルはもちろん、 
すべての種類のパターにおいて 
チョイス・ライ角・ロフト角・長さ・グリップ・パターカバーを 
カスタムフィッティングにて 
販売しております。 

皆さま 
どうぞお越しください。 

仮説と証明

1プレーンスイングと2プレーンスイング。
この2つのプレーンスイングを使い分けられるコーチは国内にはまだ二人しかいません。
吉川恭司プロ森本淳一プロです。
その2人がコラボで情報発信するサイト
確信のゴルフ Conviction of Golf
を是非見てください。
あなたのゴルフを変える何かが見つかるはずです。

-----------------------------------------------------------------------

じゅんいちです。

研究というものは、

仮説を立て
その仮説を証明する手段です。

結果が判っていても
それを証明する為に
仮説を基に
実験などを行う。

実験しなければ
論理的に証明することはできない。

事実は事実である。

しかし
その事実は、
仮説を基に
証明されたひとつの結果である。

理論に於いても
空想や妄想からできた人間のエゴ

未来を望んで
経験から見出す。

人間の潜在能力は
計り知れない。

その潜在能力を引き出させるものは、
仮説が証明させる行動である。

なぜ
実験や研究を怠ろうとするのであろうか。

10人いれば
10通りの研究ができるはず。

100人いれば
100通りの研究ができるはず。

なぜ
人は
協力しあわないのであろうか。

富と名声の為なのか?

SONARTEC TD Titanium FW TOUR14

じゅんいちです。

このたびも
ロイヤルコレクション
小山社長のご好意により

SONARTEC TD Titanium FW TOUR14 3W
を使用させていただくことになりました。


前回の
ロイヤルコレクション SFD X7 Titanium FW 3W
は、ボールを拾うことにおいては
申し分のないヘッドでした。

シャローバックでシャローフェースによる
高弾道を実現して
よほどのライでない限り
ボールを上げることができました。

3Wでボールが上がらないとお悩みの方には、最高だと思います。

SFDの特性を兼ね備え
より中弾道を目指す為

今回の変更となりました。

SFDでの高弾道は、ロングホールのセカンドショットで2オンをさせる為の安心感がありました。
しかし
ティーショットでは、風の影響を気にすることがありました。


今回の
SONARTEC TDでは
スピン量にこだわりました。

その結果
打ち出し角はそのままで
前回に比べ
SKYTRAKでの計測で
平均500rpmのバックスピン量の減少に成功しました。

以前、使っていた
T社のRBZの飛距離を上回ることが実現しました。
また、RBZでは操作性に難点が僕にはあったのですが、
ドローやフェードといった弾道が容易くなったのです。

ティーショットでは
低いフェード
セカンドショットでは
中弾道のドロー

先日から
ラウンドでのテストを行っているのですが

驚かされたのは
ティーショットでもセカンドショットでも
フェードでもドローでも約10yの飛距離が伸びました。

圧巻だったのが
約245y
約 3yの打ち下ろし
11時からのアゲンストの風

僕としては
12月という季節で
この風なら行ってもグリーンエッジかな?
と思いながら
ドローで花道狙い

インパクトでの
弾道の感触ではイメージ通りのドロー

これで風に押されてスライスしながらエッジだなって思っていると
ボールは落ちてきません。
「おいおいっ」
風の影響を全く受けずにドローのまま
グリーン左のバンカーに直撃
実際には
その奥に練習グリーンがあり
「ヤバい‼︎打ち込んだか⁉︎」
っと思うくらいの弾道でした。

また
後日のラウンドでは
ティーショットで使用し
いつもはコーナーまで行かさないように打っているのですが
同じようにスイングしたつもりが、
フェアウェイを突き抜けあわやOBギリギリ

シャフトは
前回と同じく
MITSUBISHI FUBUKI K 60X 

ということは
確実にヘッドであることは間違いないです。

今年のハイシーズンが楽しみになってきました。

この分では
TD FORGED DRIVERは
とんでもない弾道になるのでは⁉︎
っと思います。

ピアゴルフガーデンでの試打テストでは、確かに強弾道を実感しました。

しかし
SFDのドライバーが気に入っているので、
僕の生命線の3wを先に突き詰めようとおもいました。

それでは
今回の詳細スペックは 
下記のとおりです。 

ヘッド  ロイヤルコレクション SONARTEC TD Titanium FW TOUR14
リアルロフト 15.0°
シャフト 三菱レイヨン FUBIKI Kシリーズ 60-X スパイン調整済 
長さ 43.0インチ 
総重量 330.5g 
バランス D3.2
アクセスカウンター

記事検索
  • ライブドアブログ